抜くか、治療できるかの境界は?

この歯を抜かないで治療できるかどうかの境界は、いったいどこにあるのだろうか?

当然ながら、治療する先生の技量によるでしょう。

どんな世界でもピンキリなのは、誰でも経験からわかっている。都会に住む患者さんで、そのことがわかっていない方はいないだろう。制度は、全国画一的にできても、実際行う人まで、「金太郎あめ」にすることはできない。

医療技術が他者より優れていることを宣伝することは、医療法で厳しく禁じられている。罰則規定すらある。その理由は、優秀性を評価する方法がないからだ。誇大宣伝で、国民を迷わせてはならないというわけだ。

私の所に来る患者さんは、たいてい多くの知識を仕入れて来院する。仕入先は、自身の経験と、ネットでの知識だ。「ネットにこう書いてあった」が選抜の基準となっている。「先生のところでは、○○をやっているか?」パソコンや車の仕様書を見るように、「これがついている、これがついていない。オプションになるのか、コスパは」と考えているのだろう。

残念なことに、こうした人の多くは、「ことば」を追いかけでいるだけで、文脈のなかに言葉が配置されているとは考えていないようだ。「ことば」だけでは知識にならない。文脈のただしさこそが、言葉の意味を担保している。ネット好きの人々は、文脈自体が間違いかも知れないと、疑念を抱かないのだ。こうして「ことば」の知識に、裏切られる。

 

理屈はさておき、症例を見ていただきましょう。

20代の男性。治療途中のまま放置したそうです。最近になり、某歯科を受診すると、「もう無理、抜くしかない」と言われ、私のクリニックに来院しました。

上顎左側第一大臼歯です。残っている歯質もずいぶん黒ずんでいます。つめものは、前医が行ったものでしょう。見た目にはそれほど崩壊していないように見えます。CT写真を見てみましょう。

一瞥して、歯性上顎洞炎と診断しました。

歯性上顎洞炎というのは、歯が原因で、上顎洞炎をおこしているものを言います(矢印で示しているように、上顎洞粘膜が炎症によって厚く肥厚しています)。原因歯は、明らかに、この問題の歯です。慢性で経過していたのか、症状はほとんどないようです。

歯性上顎洞炎の原因歯は、抜歯が基本です。

教科書では抜歯ですが、気がかりなのは、抜歯後の歯槽骨が極端に薄くなるのではないかということでした。薄い歯槽骨には、サイナスリフトという付加的手術を行いインプラント手術を成功させることができます。しかし、この症例の場合、それもどうでしょうか。確実なインプラント手術をするのなら、ブロックとしての骨移植がいいのではと思いました。

ですから、どうしても、根管治療が成功する必要があるわけです。

治療開始です。歯のなかのつめものをとると、綿栓がありました。それをゆっくりととると、出血してきました。マイクロで写真をとります。

歯の髄腔底(ボーデン)が破れています。つまり、歯の内部と歯の外側(骨組織)とが交通しているのです。このくらいの大きさなら、これだけでも抜歯の適応だと思います。

なるほど、前医が治療できないと言った理由が理解できました。歯性上顎洞炎だからではなく、穿孔のためだったわけです。これを何とかしない限り、この先の治療はできません。大きな障害が立ちはだかっていました。

レーザーで止血し、修正補強しました。

根管治療を終え、クラウンをかぶせました。勿論症状なくかめています。

終了時のCT写真を見てください。

上顎洞の炎症も治っています。粘膜の肥厚はありません。根尖の閉鎖がうまくいったものと考えます。

できるだけこの状態が長く続くことを希望してやみません。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

今年の審美症例

美しい歯をつくることを審美治療というのであれば、それは「浅はか」と言うべきではないかと思います。

「美しい」が「長持ちする」ということがあって初めて、治療として価値あるものになると思います。

それには、「より厳格」な治療が行われなければいけないということではないでしょうか。

この患者さんは、70代女性、私のクリニックにもう十数年通っていただいています。上顎の歯がわずかに動くようになってきたので、2年ほど前、歯の裏側をワイヤーでとめました。

歯周病のため、歯を支えている骨が吸収され、20代の頃と比べれば40%ほどの骨しか残っていません。この方のプラークコントロールは良く、ポケットは正常の範囲です。

しかし、硬いものなどを前歯でかめば、それが暴力になり、歯が大きく動き出すかもしれません。それで、ワイヤーで固定しました。

定期健診の時、この方は次のような不満を訴えてきました。

①舌の先端がこのワイヤーにさわり、話す時も、食べる時もいつも気になる。

②歯の色も黄色くてきたない。

③歯と歯と間のすき間も気になる。何とかならないのか。

そこで、私は、ベニアの連結したものを作ってはどうかと提案しました。写真のように、ベニア連結体によって、歯の固定をおこない、同時に、白いきれいな歯とシンメトリーな歯列を作ったわけです。

実は、ベニア連結体を作るには、ちょっとした工夫がいります。

どんなイメージになるか。患者さんとの合意形成が一番重要です。今よりちょっと短い歯がいいのか、歯をすこしひっこめたいのか、どの程度の白い歯が良いのかと言ったことです。歯の削り方にも精度が求められます。正確な型どりがどうやったらとれるのか、かり歯をどう作っておくのかと言った問題にも、事前に術者は答えておかなければいけません。

患者さんは、これで気にしないで大声で笑えると言って帰っていきました。

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

今年の矯正症例

患者さんは25歳女性。数か月前、左側の顎関節が痛い、大きく口が開けられないと言って来院した。

その時は、投薬をしただけだったが、一応、「顎関節症をコントロールするためにも、歯並びを治したほうがよい」とアドバイスした。

歯並びが悪いと、かみ合わせが不安定になる。そのことが原因で、顎関節症になる例を日ごろからたくさんみてきている。その度ごとに、「歯並びをなおしては」と言ってはいるのだが、本当になおして欲しいと言ってきたのは、長い歯医者人生で、この患者さんが初めてだった。

術者としてはうれしい。正しいと思うことは言ってみるもんだなと思った。とかく、お金がかかる治療は、敬遠されてしまう。容貌のなかで、歯並びがしめる割合は決して小さくない。中流のアメリカ人のほとんどが治療する事実は、「アピールできてなんぼ」という国民性を示していると思えてならない。

この患者さんは、左側が全くかみ合っていない。噛めるところを探しながら噛んでいるといった状態だった。それでは、筋肉は疲労し、関節の動きも乱れてくる。

驚いたことに、この方は、舌側矯正を選んだ。

治療途中の写真です。

はっきり言って、舌側矯正は面倒くさい。

*装置が着けられない場合が多い。噛んだ時に下の歯が、装置にぶつかるためだ。そういう場合は、{かみ合わせを上げる}という難易度の高いテクニックが必要になる。

*ワイヤーを自由に曲げられない。ワイヤーを曲げられるスペースがないためだ。

*治療も終盤になってくると、歯の微妙な位置移動が重要になってくる。それが、唇側矯正に比べると難しい。

*一回の治療時間が長い。

*従って、治療期間も長くなりがちだし、治療費も高くなる。

悪いところだらけのように思える。それよりもなお、人から装置が見えないということが絶対必要な条件なのだろう。

終了後の写真を見てください。

 

 

治療期間は14か月かかった。抜歯はしていません。

患者さんは、「写真うつりが良くなった」と言ってくれました。唇の過緊張がとれ、きれいな歯並びが光っているからだろう。それはなによりだと思います。

かみ合わせは、マニュピュレーションを含め、十分行ないました。

 

 

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

保険の根管治療

死んでしまった歯でも、体のなかで歯として使えるようにする技術を「根管治療」といいます。これは、画期的な治療技術だと思います。

体の中で、死んだ組織が、生きていた時とおなじように機能できるものは「歯」以外ありません。「ゾンビ」ならできるかもしれませんが。

つまり、歯科技術はミラクルなのです。

歯科の保険治療に、勿論「根管治療」も含まれています。簡単に治療のシステムを紹介します。

根管数によって、点数が決められています。1根管、2根管、3根管と言った具合です。1根管は前歯、2根管は主に小臼歯、3根管は大臼歯です。

単純に、1根管の成功率は、どのくらいだと上手な先生となるのでしようか?

「成功」という定義は、保険的な常識なら最少2年、妥当にみれば5年、目いっぱいの責任感でとらえれば10年といったところでしょうか。

1根管の成功率を、どのくらに設定すればいいでしょうか?

どんな名医も100%はないとすれば、どのくらいが妥当でしょうか。

どんなことも8割できれば上等でしょうか。

1根管の成功率が80%なら、3根管(大臼歯)ともに成功する確率はなんと、52.2%となります。2本に1本は予後不良つまり抜歯となるわけです。

さらに、大臼歯の根管は、前歯の根管のように素直ではありません。曲がっているのが普通です。奥の歯なので、器具がうまく入らない場合もあります。従って、前歯の1根管より大臼歯の根管のほうが治療が難しい、難易度がさらに上がるわけです。

保険の治療費をみてみます。

数が増えれば、単純に手間も増えるのが普通です。3根管は、1根管の少なくとも3倍の治療費になっていないとおかしいでしょう。

逆に、青汁1パックより。3パックまとめて買った方が割り安になることも、よく経験します。

厚生労働省は、治療費について、青汁と同じだと考えているようです。

3根管治療すると、1根管×3の22%引きとなります。

患者さんにとって、実にやさしい制度となっているわけです。

ただ、2本大臼歯を治療すると、数年で1本は抜歯になるわけですから、また治療費はかかるという「おまけ」がついてきます。

志をもち歯医者になって、成功率アップすべく、技術を研鑽してきた真面目な歯科医達も、いっこうに変わらないこの保険制度に疲弊していくのです。

治療結果を重要視する医療には、現行の保険制度は不向きな時代になってきたように思います。

 

カテゴリー: Uncategorized | コメントする

親知らずMTM抜歯の実際

「親知らずMTM抜歯」というのは、私が作った造語です。

たぶん、この処置をやっている先生は、私ひとりだと思います。

危険度の大きい「完全埋伏智歯」や「水平埋伏智歯」を安全に抜歯する方法として、考案しました。歯科医の腕の良さを誇るための方法ではなく、あくまでも、患者さんが、安全かつ楽に「抜歯」できる方法と考えています。

患者さんは、40代男性完全な「水平埋伏智歯」です。CT写真では、根尖(歯根の先端)が顎骨内の下顎管に接触しています。

大学だったら、「エイ、ヤー」と抜いてしまうかも知れません。開業医は、それではマズイでしょう。トラブルはまっぴらです。本音を言えば、大した保険点数でもないのに、トラブルになるくらいだったら、大学に送った方が賢明なのです。

この患者さんは、当クリニックの「MTM抜歯」を選択しました。⇒で示しているように、隣の歯(第二大臼歯)と親知らずとの間には「すき間」があるでしょう。つまり、親知らずの一部をスライスカットし、このすき間を作るわけです。そしてゴムで引っ張る。

約1か月すると、すき間がなくなっています。親知らずが動いたのです。これで安全に抜歯できます。歯石がびったりついています。何回となく腫れた証拠でしょう。その度ごとに、薬を飲み、症状がなくなれば、放置してきたという過去を物語っているということでしょうか。一度腫れたものは、何度でも腫れる。我慢できない痛みがあれば、必ずまた痛くなる。歯科の鉄則です。

抜歯窩(抜歯してできた穴)は結構大きなものです。私のところでは、患者さんの選択でPRP,PPP、コラーゲンをいれます。PRP,PPPは、患者さんから採血して作ります。目的は痛み、腫れの軽減、治癒促進です。多くの方は、わずかに腫れた程度であり、痛みはほとんどないと言ってくれます。

最後は縫いましょう。

最後に「親知らずMTM抜歯」が向かない人について、

①ちょっとでも痛い、違和感があるということを我慢できない。1か月あまりの期間なんてとても我慢できないわがままな人。

②私のやり方に疑問をもつ方

③MTM抜歯は自費治療です。税別35,000円です。この治療費にNOな方

④年齢が高すぎて、親知らずが癒着している方

カテゴリー: 歯科の新しい治療法, 歯科難症例, 知って得する歯科の知識 | コメントする

今まで経験した中で、一番大きな舌の繊維腫

今まで経験したなかで、一番大きな舌の繊維腫を紹介します。

患者さんは40代の女性。

腫瘍の大きさは、6×6×7ミリでまるで小さなサイコロの様な形です。

この女性は

都内の有名な某区立病院の口腔外科を受診しました。

入院が必要ということで予約をとります。

担当医から切除後、後遺症が出るかもしれないと告げられたそうです。

それから、ネットを探しまくります。結果、私のクリニックを受診してみることになったわけです。

私のところでは、その日にレーザーで切除しました。勿論後遺症などでません。

 

カテゴリー: Uncategorized, 治療記録 | コメントする

ここまでできた根の治療

こんな方が来院しました。

 

粘膜から、膿が出ています(⇓)。歯はさほど動いていません。

ポケットは一番深いところ(遠心隣接面部)で12ミリでした。

膿の出口にレントゲンに写る棒状のものを入れCT写真をとります。

 

問題1 棒状の先端が歯根端におよんでいます。つまり、根尖部に大きな病巣があり、それが歯肉粘膜を破って膿がでていると理解できます。

 

問題2根尖病巣は歯周ポケットにつながっています。これでポケットが12ミリもあったことが理解できます。

 

問題3この歯の歯根に接する上顎洞粘膜も反応的にあつくなっています。つまりこのまま放置すると、わずかに境界となって残っている骨が炎症により破壊され、歯性上顎洞炎をおこしかねないというわけです。

ですから、患者さんが、保険治療を希望するなら、抜歯が相当でしょう。仮に、歯科医師国家試験にこのような問題がでたら、抜歯と答えなければ不正解です。

しかしながら、この歯はまだしっかりしている。この歯の残りの2根(近親根と口蓋根)には十分な骨の支持があります。

患者さんは、何とか残してほしいという希望でした。

当クリニックの治療方針は次のとおりです

①自費の根の治療を行います。

②歯根端切除+歯周病の手術(FOP+骨造成術) 自費治療です

が必要と説明しました。患者さんは快諾されました。

通常通り、根の治療を終えると、瘻孔(ろうこう)は一応ふさがりました。

次に②歯根端切除+歯周病の手術(FOP+骨造成術)をおこないます。患者さんは、極度の歯科治療恐怖症なので、静脈鎮静法を同時に行いました。

きたない肉芽組織をとると、根尖にまで及ぶ骨空洞があらわれます。全く骨の支持がありません。

 

骨空洞に、TCP+PRP(代用骨+濃縮された血小板)を充填します。

 

メンブレン(白い紙状の膜)を貼ります。このメンブレンは非吸収性です。2か月後に取ります。

 

縫い上げます。

 

下の写真は、術後2.5か月後のCT写真です。代用骨は十分充填されています。

 

クラウン(セラミック冠)をいれることにします。

 

患者さんの総自費治療費は、324,000円です。治療期間は4か月でした。今後予後観察を行うことになります。

参考までに、抜いた場合、歯医者ができることは、インプラント治療を行うか、ブリッジ(3本)にするか、どちらかになります。

ブリッジは保険治療でもできますが、セラミックを希望すれば、歯科医院にもよりますが、三十万以下にはならないでしょう。また、インプラント治療も信頼おける施設なら、四十万前後でしょうか。

ブリッジを作るためには、なんでもない2本の歯を削らなくてはなりません。あまり削らなくてすむ接着性ブリッジという選択もありますが、接着しているだけなので、はずれやすいという欠点があります。

インプラントは術者の技術や術後の管理が問題になります。

抜歯後の残っている骨量をどうとらえるか。即時インプラント(これがいいと思いますが)を行うなら、骨をマネジメントできる技量が必要です。どこの歯医者もインプラントとうたってはいますが、骨造成に手慣れた歯科医は、そう多くはないでしょう。

勿論、温厚に、だめになり抜く以外にないとなったらインプラントを入れてようと考える方もいらしゃるでしょう。

それでは、一部位に根の治療とインプラントというように2回も大きな治療費を払うことになる。それなら、インプラントの方が経済的だと考える方もいらしゃるでしょう。

治療法は結局のところ、その方の経済、哲学というか価値観によって決まると思います。しかしながら、受け持つ歯科医はしっかりとした技術とフィロソフィーが求められると私は考えます。

カテゴリー: 歯科難症例, 知って得する歯科の知識 | コメントする

あなたはどのくらい歯周病についてご存知でしょうか?

質問1 何回か歯ぐきが腫れたり出血したことがあるが、ブラッシ ングで血を出したので、今は大丈夫だ。歯医者に行くほどじゃないと思う。

質問2 テレビで、歯ブラシや歯間ブラシ、歯磨き粉やの洗口液のテレビCMをよく見る。こういう製品をCMでやっているように使っていれば、歯周病にならないと思う。

質問3 歯周病かなと思って、歯医者に行ったことがあるが、歯石をとったり、磨き方を指導されただけで、治療らしい治療を受けたことがない。

質問4 そのそも、歯周病の治療はブラッシング以外ないと思う。

質問5 たかが、歯の病気なので、大したことはない。抜けばそれでおしまいだ.

 

私はこう考えています。

質問1について

歯周病の特徴は、大した症状をださないということにあります。前回は三日で痛みがとれた。今ちょっと痛いが、反対側でかめば何とかなる。とか、膿をうまく出す方法を知っている。いつもそういう方法で切り抜けれる。などです。

顔が変形するほど腫れるなんていうことはめったにありません。

生きるためには、食物を体の中に入れなければなりません。食物は口からしか入れれません。その食物も滅菌などされていません。つまり、歯肉粘膜は皮膚同様、強力な防護膜なのです。もともと丈夫にできているのです。

その防護膜が腫れて壊れる。それが、歯周病という炎症なのです。

ここに、歯医者に行く理由があると私は考えます。

症状はなくなっても、病気がなくなったとは言えません。

ちなみに、歯周病の正式名は慢性辺縁性歯周炎と言います。

つまり、慢性化して、症状がでないのです。

症状と真の病態とは、全くと言っていいほど関係ないのです。

症状がないことは、病気が治っている。

いや少なくとも進行していないと考えるのは誤りです。

 

質問2について

CMは、売るためのCMなのです。そのために、効能もかかせないものではありますが、第一義ではありません。治りそうだと思わせること、買ってみようと刺激することが一番重要なのです。

洗口液を例にとれば、2,3分程度、口のなかに薬液らしきものが入ったところで、さほど消毒になるとは思えません。

香料やちょっとした薬剤が入っていても、ほとんどが水です。水が歯面をリンスするだけで、プラークがこすり取られたりしないでしょう。

細菌の総量が少し減るぐらいで治療効果がでるものではありません。細菌量が、十分の一や、百分の一にならなければ口臭すら改善することはないでしょう。

歯ブラシについていえば、ブラシの形や毛の細さや硬さにさまざまな工夫がありますが、それだけで、効率がよくなるなんてことは、ありえないように思います。

多くの患者さんを見ていると、きれいにすべき場所に正確に歯ブラシをあてていない。基本動作を身に着けられない人がほとんどです。つまり、CMのようにうまく磨ける人などいないのです。

口のなかは、個性そのものであり、全く同じなんて人を私は見たことがありません。ですから、歯ブラシの当て方も人によってさまざまな工夫をしなければ、あてることすらできないのです。

ここに、個人教授する理由があると思っています。ブラッシングの定番などありません。その人その人にあった磨き方、動かし方を見つけ出す必要があるのです。

本を読んで自分で読解できる方は少数でしょう。たいていは、本の内容を教える教師が必要だったのではないでしょうか。

 

質問3について

これには深い訳があります。保険治療には、ルールがあります。その通りにやらないと保険治療とみなさしません。

そのルールは誰が決めたのでしょうか。大学で歯周病を専門にしている偉い先生と、厚生労働省が決めたものです。

ですから、このルールは正しいのです。

ただ正しいことが必ずしも機能しないのが世の中です。

大学で治療を受ける余裕のある患者さんと、仕事に追われ、時間を何とか都合をつけて来院する患者さんとでは、意識も経済も違いがあるのは当然でしょう。そんな個別的なことは無視して、治療が理想的に行われることを前提にしているのが、保険の歯周病の治療と言えます。

例えば、保険のルールでは、重症な歯周病であっても、本格的な治療は、治療開始してから3か月たたないとできないことになっています。それでは患者さんのテンションも、しぼんでしまいます。歯科医の側も、期間指定があり、かつ採算の取れない低い点数の本格的歯周処置などやる気が失せてしまいます。

保険で必要な治療がなんでもできるという大義名分は、だれもやろうとしないという実体で守られているわけです。

ぶちゃけて言えば、簡単な治療だけをやっていれば、患者も先生も納得するということです。少なくとも、急性症状だけは治せたわけですから。

ですから、私は、保険のルールにとらわれないで、本格的な歯周病の治療をするには、自費治療をする以外ないと思います。そうすることで、保険指定の枠を超えもっと良い器具を使い、短期間に効率的な処置をすることが可能になり、その方にあった治療計画を立てることが可能になるのでは、と考えます。

 

質問4について

歯周病の原因は、本当はたくさんあるのですが、メジャーな原因は二つあります。

一つは、デンタルプラークです。歯垢です。

もう一つは、ポケットです。

ですから、プラークが原因の軽い歯周炎は、原因であるプラークが一定限度内にコントロールされれば治ります。さらに、浅いポケットの内部(内縁上皮)をレーザーなどで、きれいにしてあげるとさらに効果的な治療となります。

それに対して、重症な歯周病は、ポケットがも深くなり、歯を支えている骨自体も大きなダメージをおい不整な形に吸収されています。つまり原因は深いポケットにあるわけです。ですから、そんな方に、ブラッシング指導をいくらやっても、劇的に治ることはありません。

ポケット自体をとり除き、吸収された骨の再生が治療目標となるわけです。


つまり、歯周病の外科処置(Fop)が必要になるわけです。

現在ではリグロス(商品名)のようなかなり効果のある再生治療や、骨添加や膜使用による骨造成治療ができます。

しかし、残念ながら、そのような情報があまり知られていない。

理由は、歯周病の外科処置は案外難しい。できる先生が限られている。

さらには、患者さんのなかには、手術と聞いただけで尻込みする方がいます。しかし、放置すれば、歯が抜けるだけですし、治る方法があるのに、感情的に反応しても問題の解決にはなりません。

また、静脈鎮静法を用いれば、それほど不安を抱かずに手術ができます。私のところでは、静脈鎮静法を多用しております。

質問5について

これには三つの問題があります。

一つは、自分の歯もろくに管理できないという、あなたの絶望的な悪しき習慣が治っていないということです。

悪い習慣や意識を治すのは、あなた自身しかいません。私たち歯科医は単なる気づきを促し、具体的な手技をやって見せるだけにすぎません。実践者はあくまでもあなたです。

二番目には、一本の歯がぐらつき,ついに抜けた時には、その次に抜ける歯も、たいてい用意されています。

一本の歯の喪失は、残った歯の余命まで極端に短くしていくのです。こうした、負の連鎖を断ち切ることができません。

三つ目には、歯周病は、他の慢性疾患に関係しているということです。

よく言われているものには、糖尿病、高血圧、心臓疾患、早産や低体重児。さらには認知症すら関係していると言われています。

ですから、歯周病をなおす努力、行動をとるべきではないでしょうか。 

 

カテゴリー: 知って得する歯科の知識 | タグ: | コメントする

「保証します」を考える

私の机のなかにもいくつもの保証書がある。パソコンにカメラに時計に,こまごまとした家電製品。実に満ち溢れている。

最近、続けて二人の初診患者から、「セラミックが壊れたら保証してくれるのか」「インプラントは何年保証してくれるのか」「今までのセラミック冠はすべて保証書がついていたが」と聞かれた。

保証書がついていることは、買うという決断を後押ししてくれる。購入者にとっては実に甘美なささやきだ。その気持ちは私も十分わかる。

最初に保証が付けられたのは、画一的に大量に作ることができる工業製品であった。それでも、現在でもそうだが、車のように大量の工業製品の集合体のようなものには、保証書などはない。何台か車を乗り継いできたが、車の保証書をもらったことがない。せいざい、1年間点検無料とかいったもので、なにか不具合があったからといって、車一台まるごと交換してくれた話は聞いたことがない。

今は何でもかんでも保証をつけなければ、消費者が安心できない時代になっている。食品の賞味期限は言うに及ばず、賃貸料の保証から、引っ越しの保証、さらにはペット購入時の保証まで。そこで歯科治療まで保証しようというのである。

私の結論は、こうだ。

「大学での歯科治療に保証書が出される時代になったら、私もだそうと思う。」

歯科治療は、多くの場合、材料と技術の混合体となっている。

セラミックが割れたとしたら、その割れたセラミックは材料である。その材料から、冠の形態に変えるのは技術だ。現在のセラミック冠はcadcum(キャドカム、コンピューターを用いた加工技術)で作られる。しかしどのような数値を入力するかは技工士の裁量つまり経験という技術に他ならない。

そもそも歯を削ったのは、歯科医である。歯を削る機械の性能にも様々あるが、機械以上に、歯科医の歯を削る技術には天地の差がある。歯医者は昔、歯大工と医師からよくバカにされたが、大工がピンキリなのは、よく知られたことだろう。どんな分野でも、無から有をつくる技術は、そう簡単に上手にはならないのだ。

さらに、全体を踏まえて、削り方を工夫するとなると、それは大工から棟梁へと脱皮する必要があるのだ。

それでは、セラミック冠がなぜ割れたのか。

材料なのか技術なのか、あるいはその両方なのか。

材料が原因なら、話は簡単だろう。割れない材料に変えればそれで良いことになる。

では、技術が原因の場合はどうだろう。割れる原因となった技術力しか持たない術者に再度トライしていただいても、うまくいく確率は低いと考えるのが普通だろう。へたな大工の保証など、保証のうちにはいらないと考えるのは、私だけだろうか。

それでも保証書をつけるのは、歯科医側に何等かの意図があるからである。前述した新患患者が症状を訴えていたのは、残念ながら、セラミック冠がかぶっている歯であった。その歯の歯根が炎症をおこし、まわりの骨組織が吸収されていた。

結局彼は、当クリニックで自費の根の治療を受けることを選択し、セラミック冠をはずすことに同意した。

また、最近では、インプラントなどでは、患者と歯科医との間に保証会社を介在させるケースもでている。保証料が添加され割高になることは当然のことだ。

以前ある保証会社から、トラブルになったやりなをしインプラントの施術相談があったことがあったが、最初の先生では手におえなかったということだろう。

技術力がすべてであるインプラント治療で、気前よく保証書をだすには、保証会社を使うのが一番と考えている歯科医もいるのだろう。

視点を変えれば、人の不安を商売にしているとも言える。いやもっと正直に言えば、人を信頼できない人がカモになっているとも思っている。

3組に1組が離婚する昨今。信頼は死語になり、互いが、結婚保証書を出す日もそう遠くないかも知れない。

 

 

カテゴリー: 歯科の新しい治療法 | コメントする

歯周病をなおすための手術

テレビのコマーシャルのように、歯(正確には歯ぐき)を磨いているだけで、歯周病が治るのでしょうか。

答えは、『否』です。

磨いているだけで治るのなら、歯科医はいらない。衛生士で十分でしょう。

勿論レーザー治療にも限界があります。

そこで、中程度以上の歯周病は全症例、手術によってかなり改善できると言っても過言ではありません。いやむしろ積極的に手術を行うべきです。

手術にもいろいろな種類がありますが、当クリニックで行っている搔爬手術を紹介します。

手術目的は、①歯周ポケットをとること。

②失われた骨を再び造成して、堅固な骨構造を作ることです。

症例1 50代女性

ポケットは8ミリ。このくらいになると、歯ブラシの毛先でポケットをきれいにできない。ポケット自体が歯周病悪化の原因になっているのです。ポケット除去が必要。確実な方法は、搔爬手術以外ない。

開け、感染性の不良肉芽組織をとると、大きな陥凹した骨欠損があきらかになります。

有効な治療がおこなわれないまま、歯周病の進行によって骨が吸収消失してしまった、その姿を表しています。この段階では何ら骨をいじってはいません。

次に、骨の形状が極めて悪いため、正常近く、骨の形態を整えます。

 

骨がなくなったところには、代用骨(TCP)とPRP(患者さんの血液の血小板のみを3倍程度に濃縮したもの)をいれ、骨を造成させます。

さらに、非吸収性のメンブレン(白い紙様の膜)をいれ、上皮組織の侵入を防ぎ、良好な骨組織の治癒促進をはかります。こうすることで、骨が新生されるのです。

歯肉粘膜の形態も非常に良いようです。

このように、手術によって、歯周病の原因となっているポケットを除去し、積極的に骨造成をはかることができるのです。大事なのは、骨造成という点で、このことにより、歯の骨植を根本から改善できます。

 

念のためレントゲン写真でくらべてみましょう。初診時が下の写真です。手術後3か月後の写真と較べてください。☝のところに注目いただければ、骨がつくられていることはわかっていただけると思います。

カテゴリー: 歯科の新しい治療法 | コメントする